合宿免許が恋しくて > バイクの免許取得で合格率を高める方法は?

合格率を高めるには教習所がいちばん。

二輪免許を取得するには教習所を利用する方法と運転免許試験場を利用する方法の2通りがありますが、小型免許であれ中型免許であれ、「バイク免許の取得は、教習所を利用したほうが確実に合格率を高めることができる」と言えます。

その理由は、教習所であれば、二輪に乗るために必要な学科や実技が基礎からきちんと学べ、確実に運転技術が習得できからで、とくに指定自動車教習所の卒業検定に合格すると、免許取得試験での技能試験が免除になるので、それだけ短期間に小型免許や中型免許を取得できることになります。

指定自動車教習所には、国や自治体から相応の資格があると認定された教官・指導員が配置され、教育施設も充実しています。

また教育内容が道路交通法の基準に適合しているので、学ぶことに無駄がありません。

公安委員会が指定した自動車教習所のことを指定自動車教習所といいます。

これに対して運転免許試験場は、教習所に通わずにダイレクトに試験場に行き一発合格をめざす方法で、自身の運転テクニックや法規知識に自信があれば、受験実技・学科ともに運転免許試験場で受験できます。

合格率をアップする教習所での基本と心構え

教習所では実際のコースを使って技能教習を行います。

この技能教習はバイクを運転しながらテクニックの基本知識と具体的な技術を学びますが、段階ごとに運転技能を測る試験「みきわめ」がありますので、合格率を高めるには、それぞれのポイントを押さえておく必要があります。

1段階では、「走る=走行実技の技能性」、「曲がる=コーナーリング技術・加減速」、「止まる=一端停止、および停止・発進技能」などの基本操作が問われます。

2段階では、交通法規に則った基本走行と、運転に必要な危険予測、応用テクニックが問われます。

急ブレーキや無理な右折・左折、進路変更、法規走行にない速度オーバーなどは減点の対象になります。

自己流や勝手な解釈があると合格率が下がります。

自己流はもっとも危険と判断されるからです。

あくまでも道路交通法に添った法規を基準に、教習所や試験場の試験官・指導員の目線で臨みましょう。

不安要素をなくしておくのも合格率を高める秘訣

すでに原付免許や普通四輪免許を所有している人は、教習所での内容や時間数が予告なく変更になる場合がありますので注意しましょう。

免許試験での受験内容も変わる可能性があります。

教習所の入学資格は16才以上ですが、誕生日が起算日になっていますので卒検の時点で16才を迎えていれば問題ありません。

視力検査は両目の合計で0.7以上です。

メガネやコンタクトも着用したまま受けられます。

また色彩識別検査や運動能力・聴力を確認するための検査もありますので、可能であれば入学前に自分でチェックしておきましょう。

適性検査では緊張のあまり通常の結果が得られない人もいます。

不安要素をなくしておくことも合格率アップには大事なことです。

お薦めコンテンツページ